あぶない刑事 第41話 『仰天』

放映情報

放送日:1987年7月19日
脚本:柏原寛司
監督:一倉治雄

視聴率:21.8%

ゲスト:木場勝己

あらすじ

港署の空調が故障してしまい、汗だくで仕事をする面々。
カオルが電気工事店に修理依頼の電話をしたが、一向にやってこない。

夜になってようやく工事作業員が2名現れたが、何と彼らは作業員に変装した悪者で、事務の瞳ちゃんを人質にとって港署を乗っ取ってしまった。彼らの要求は、港署の刑事に捕まった前島という男を釈放しろとのことだ。

詳しいストーリーまとめは以下のブログが秀逸です。

名言

海を見ながら煙草を吹かすユージ。女性に振られたトオルに向かってキザなセリフを放つ
『男の人生の半分は女のためのものだ・・・だが残りの半分はそうじゃない』

走って逃げる犯人を追跡し、まんまと先回りして目前に立つユージ。そこでひとこと、
『俺から逃げ切れたヤツは一人もいない・・・女を除いて』

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る